業種別勤怠管理システムの決定版!

かえる勤怠管理ブログ

勤怠管理システムとは

タイムカード

これまでの勤怠管理

勤怠管理は古くは明治時代から始まったとされています。長い間タイムカードを利用しての打刻が多かったと思います。経理や総務ではタイムカードに書かれたタイムカードを毎月手入力し、出来たデータを集計し給与計算をする労力が多大にかかっていました。

その後パソコンの普及によりインターネットの画面からスタッフが勤怠を入力するシステムを導入する企業が増えてきました。ところが問題もありました。スタッフ1人1人にパソコンを使ってもらうのは業種によって難しいからです。1台のパソコンをスタッフ全員が使うのはセキュリティとしても心配でした。

システム化される勤怠管理

その後、勤怠データをクラウドに保存する勤怠管理が増え始めました。タブレット型のタイムレコーダやパソコンに指紋認証の機械をつけて打刻する方法など様々な方法が取られています。データ化されたことにより自動集計が可能になり、データを給与ソフトにインポートできるサービスであれば給与計算も簡単になり、人的コストが大幅に縮小されました。

タブレット

かえる勤怠管理ではタブレット型タイムレコーダーを無料レンタル!初期費用も無料だから1拠点月々5,000円(税別)からスタートできます。タブレットにICカードをかざすだけだから簡単打刻!

このエントリーをはてなブックマークに追加