業種別勤怠管理システムの決定版!

かえる勤怠管理ブログ

残業の設定

残業設定

残業時間を承認制で利用する企業様向けに残業時間になったスタッフの勤怠管理画面をアラートでお知らせすることにより承認を管理側で行うことができます。承認の必要のない残業する企業ではcsvデータとして書き出す時に残業時間を集計するようにカスタマイズすることも可能です。

休憩時間の設定

残業する時に上司の承認がないといけないんだけど。
にっこり
みどりかえる笑う
その場合は承認制の残業をつける機能を利用することで管理ができます。勤怠データ設定で残業時間を記録するにチェックを入れて何時間でアラートを出すかを決めてください。

アラート

アラートがでたらどうしたらよいの?
はてな
みどりかえる笑う
スタッフの勤怠を見る勤怠データ管理での画面の残業項目の部分がピンクで表示されます。残業が承認されたことが確認できたら『変』ボタンを押して残業の項目に残業した時間を入力します。入力した時間により早出残業や深夜残業などを判定するようにcsvファイルをカスタマイズすることも可能なのでご相談ください。

残業承認

自動での残業

残業は承認が必要ないけど給与計算の時に残業代を支払うから時間の計算がしたいのだけど。
にっこり
みどりかえる笑う
フレックス制や早出や深夜の残業がない場合はすべての出勤時間から残業以外の通常の労働時間を引くことにより残業時間を計算することができます。また、スタッフの設定でシフト制ではないを選択し決まっている出勤と退勤の時刻を入れることによりその時間以前は早出残業、通常勤務時間以降の労働時間は残業にして計算することもできます。御社用にcsvをカスタマイズすることができますのでご相談ください。

承認制の残業

残業が承認されたものだけを残業にしたい場合に通常何時間働くかを入力しておくことにより残業の判定が可能です。残業の設定をしておくと勤怠管理画面でアラートで知らせてくれるので承認が確認でき次第、勤怠管理の管理者の方は残業の承認時間を手入力してください。これにより残業が承認され、アラートが消え残業時間が表示されます。承認されていない残業時間がある場合はアラートが出ている状態のままで変更する必要はありません。

承認制でない残業

承認制ではなく残業した時間分すべて残業時間にカウントする企業の方には残業の項目を設ける必要はありません。

次回はタブレットではなくモバイルからの打刻方法を説明します。

このエントリーをはてなブックマークに追加