フレックスタイム制とは?

フレックスタイム制とは?

仕事をしていく上では効率の良さや働きやすさが重要です。 働きやすい職場だからこそ無理なく働く事が出来ますし、不満もでにくくなります。 フレックスタイム制を導入する会社が増えてきていますが、どの様な仕組みになっているのでしょうか。

メリットデメリット

フレックスタイム制は、一定期間の総労働時間の範囲内で自分で始業開始時間や就業時間を決める事が出来るため、自分の生活とのバランスを取りやすいメリットがあります。

例えば朝は子供を保育園に送ってから出社をしたい人は、始業時間が早すぎる勤務は大変ですが、フレックスタイム制であれば子供を朝から急がせる必要もありませんのでゆっくり出来ます。 出勤時間を遅くすることで時間に追われた生活をしなくてもいいという点は、余計なストレスを生まずにすむので育児と仕事の両立がしやすくなります。

デメリットに関してはチームを組んで仕事をするような場合は、意思疎通をしたい時に相手がいないことになりますので、難しくなることもあります。 しかしこの点に関しては、みんなが出勤をしやすい時間帯に必ず顔を合わせて報告をしあう時間などを設けておけば解決できる問題です。

一日に一回は決まった時間に報告をすることによって、仕事の進捗状況も確認する事が出来ますし、コミュニケーションも取りやすくなります。 他にも考えられるデメリットは自分で時間をしっかり管理できない人がいた場合です。 時間を管理出来なければ、必要な仕事時間をこなせないと考えられますが、勤怠管理システムなどを利用する事によって、その点も問題なくなっていきます。

フレックスタイム制を導入して生じてくるデメリットに関しても何らかの解決法がありますので、問題点をそのままにせずに解決策を見出せば問題ありません。

清算期間は1ヶ月から3か月に延長

今までは清算期間が1ヶ月とされていましたが、最長3ヶ月に変わってきました。 この違いに関しては今までは1か月の間で労働時間をうまく調整しなくてはなりませんでしたが、3ヶ月で調整すればいいように変わりましたので、時間調整がさらにしやすくなっています。

例えば1ケ月の間に仕事量が多すぎた場合は働きすぎてしまう事になりますので、残業をしたとみなされていました。 逆に仕事量が少ない時や忙しくて長時間出勤できなかった場合などは、所定の労働時間を働いていないという事になり、欠勤扱いとなっていたのです。

しかしこれが1か月の間で調整をするのではなく3か月の間で調整が出来るようになった事で、残業になった月の分を足りなかった月に足すことが出来るようになりました。 3ヶ月の間で調整が出来るようになった事で残業や欠勤扱いにならなくなり、さらに働きやすさが増していく事になります。 業種によっては仕事量が多い月もありますし閑散期もありますので、1か月の間でうまく調整をするのは難しいです。 しかし3ヶ月に延長されたことにより、繁忙期や閑散期があっても時間調整がしやすくなる為、フレックスタイム制のメリットをしっかり活かせるようになりました。

労働時間をうまく調整できるようになった為に、子供の夏休みや一時的な介護で忙しい時などに出勤時間が少なくなる時があっても、他の月でしっかり働けばいいので仕事にも影響が出にくくなります。

残業代はどのように計算される?

残業代に関しては1か月の清算期間だった場合は、所定の労働時間を超えた部分は残業代が支払われるようになっていました。 しかし3ヶ月に延長された事で、1ヶ月目で所定労働時間よりも多く働いていたとしても、2ヶ月目や3ヶ月目で労働時間が少なかった場合は、その月と相殺されるような形になります。 3ヶ月の中で相殺しきれるのであれば、残業代は支払われることはありませんので注意が必要です。

たくさん働いた時には残業代がもらえると思っていても、他の月が少なかった場合は支払われない為、今までよりも残業代が支払われることが少なくなってくるケースもあるでしょう。 3ヶ月を通して全体的に労働時間が長かった場合は残業をした事になりますので、働いた分だけしっかり会社に支払ってもらうことが出来ます。 会社と自分で時間管理がしっかり出来ていなければ、残業代がもらえずに済んでしまうことがあるかもしれませんので、管理の重要性が出てくるでしょう。 3ヶ月に延長されたことによって、計算が複雑になってきますので間違いやすくなってくる部分です。

勤怠管理システムを導入すれば一目瞭然で勤務状況がわかるようになる為、トラブルを防ぐ点からも導入しておけば事務的な面でも助かります。 事務員の負担が増えてしまうと業務に支障が出てしまいますが、低価格で導入できる勤怠管理システムを利用したほうが間違いも少なくなり、他の業務にも集中しやすくなり効率が上がります。

まとめ

フレックスタイム制がある事によって仕事やプライベートの調整がしやすくなりますので、他の人達に迷惑をかける事も少なくなります。 みんなが働きやすい環境になる事で、お互いが気を遣わずに働けるようになり不満も出にくくなるでしょう。

※本文の内容は執筆時点のものです。その後の法改正などは反映しておりません。