管理者権限

管理者の複数設定と権限の振り分けで飲食店の勤怠管理業務を分担。
全国チェーン店など複数店舗も一括管理。エリアや店舗ごとに管理者を配置して勤怠修正や閲覧の権限を使い分けられます。

管理者を複数人設定可能、管理者の権限も振り分けて組織的に管理できます。
複数の管理者を設定して、管理者それぞれに管理権限・管轄を割り振ることができます

管理者の複数設定

飲食店の管理者を複数設定して管理を分担。
かえる勤怠管理では、複数の管理者それぞれに管理する店舗を割り振れるので、店舗やスタッフが増えても管理がスムーズです。
本部で全店舗を一括管理する管理者、SVなど複数店舗を担当する管理者、店長など1店舗のみの管理者を必要に応じて設定できます。
管理の分担で業務の一極集中を防ぎ、担当者の負担を軽減します。

管理画面のデータの追加・変更・閲覧・非表示の権限を設定できます

管理権限の振り分け

管理者ごとに設定登録や修正変更できる機能を振り分け。
従業員の追加や会社カレンダーの設定、勤怠データの修正や有給休暇の管理など、管理者によって取り扱える項目を割り振れます。
CAERU AIでは、さらに項目ごとに「追加・変更」「閲覧のみ」の権限を使い分けることで誤操作や不正を防止。
特定の管理者以外に見せない項目を非表示にもできます。

一つの勤怠情報に対して勤怠情報の最終変更者を記録します

最終変更者

勤怠情報の最終変更者を記録。
かえる勤怠管理では、スタッフの一つ一つの勤務に対して、管理者は勤怠の追加・変更ができます。
CAERU AIの管理者・承認者は、申請のあった勤怠の承認・否決を行なえます。 最終変更者として名前が保存されるので、どの管理者が最後に勤務を確定したかを確認できます。

かえる勤怠管理の
業界特化型システム

業種によって勤怠管理に求めることは様々です。
かえる勤怠管理では、オフィスや工場などに向いている一般的な勤怠管理システムのほか、
医療・介護・ビル管理・派遣・飲食・アミューズメントの6つの業界に適応した業界特化型のクラウド勤怠管理システムをご利用いただけます。