シフト管理

かえる勤怠管理で複雑なシフトも簡単管理。
シフトのマスターデータ登録、シフトのCSVインポート、自動シフト作成など、勤務の予定も手軽に作成できます。

シフトの作成・管理
勤務時間をマスターデータ登録

シフト管理機能

マスターデータの登録・呼び出しで作業を簡略化。
勤務地ごとに勤務のマスターデータとしてシフトの型を登録します。
早1(08:00〜14:00)、早2(09:00〜15:00)のようにシフトに必要な勤務時間の型を登録、従業員の勤務予定を作成する際にマスターデータを呼び出して利用します。
1日だけ違うシフトで働きたい場合も呼び出し可能です。

CAERU AI

CSVファイルのシフト情報をインポート

シフトインポート

シフト(CSVファイル)のインポート。
複数人分のシフトを作成する場合は、マスターデータに登録した勤務名(早1など)をCSVファイルに記載してインポートすることで、人数分の予定が一括で完成します。
一度登録したシフトデータをダウンロードし、残業や時間有給などを記載して1日の詳細な勤務のインポートも可能です。

CAERU AI

勤務可能日を設定して自動作成

自動シフト作成

有料オプションの自動シフト作成機能。
シフト情報設定で早番・遅番など勤務時間のパターンと職種(ポジション)を登録、人数設定で必要人数を入力して自動作成します。
休日など従業員の勤務希望も入力できます。
必要人数より少ない箇所はアラート表示されるので、不足や変更をサッと修正するだけで作業は完了です。

P-Shift

作成したシフトは、メールで送信することができます

シフトの閲覧

出来上がったシフトは各従業員にメール送信できるので、シフト確認のためにわざわざ出向いたり出力して配るなどの手間が省けます。
管理者は必要に応じて、期間や従業員を指定して対象のシフトをPDFまたはCSVでダウンロードすることができます。

P-Shift

かえる勤怠管理の
業界特化型システム

業種によって勤怠管理に求めることは様々です。
かえる勤怠管理では、オフィスや工場などに向いている一般的な勤怠管理システムのほか、
医療・介護・ビル管理・派遣・飲食・アミューズメントの6つの業界に適応した業界特化型のクラウド勤怠管理システムをご利用いただけます。